今年の4月頃だったと思いますが、
セブ島のALAGYM BTC(プロでない一般の部)で
オランダ人K1選手が練習していた時の出来事でした

その時のトレーナーは、
2人のアマチュア出身のトレーナー(ミニマム級とJrフライ級)と
1人のプロ・ボクサーがいました。

K1選手はマス(軽めのスパー)がしたいと言い出し、
Jrフライ級あがりのトレーナーとやり始めましたが
マスの約束だったのに、K1選手は全力でなぐりにかかってました

2Rの約束だったので終了(少し険悪な雰囲気)と思いきや、
今度は現役プロボクサーのトレーナーに
「2Rやろう!」って言ったまでは良かったが・・・
(K1選手は彼がプロとは知らなかったようです)

1R目はK1選手のパンチは全部ガードされ、
ALAボクサーのサウスポーからのワン・ツーや右フック、
右アッパーのコンビネーションがばしばしと入る
あまりにも体格差がある為、効いているかどうかは不明

2R目は、ALAボクサーのすさまじいコンビネーションがたびたび入り、
K1選手 かなり効いている様子
そしては戦意喪失・・・
ボディーにも悶絶してました・・・(サウスポーからの左アッパー)

ちなみにK1選手は推定185cm、80kg、戦績は聞いてないので不明
ALAボクサーはJason(バンタム級、推定170cm、58kg/Jason pagaraではありません)
この時は現役ボクサーにもかかわらず、お金に困っていたので、
トレーナーのアルバイトをしていた最中でしたヾ(=^▽^=)ノ

しかし、改めてフィリピン人ボクサーのパンチ力と戦闘能力をまざまざと見せ付けられました・・・


お立ち寄りついでに下のバナーをクリックしていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

読んで頂き、有難うございます。にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村

 

ps.コメント欄に皆さんが自分で感じていること、学んだ事等ご遠慮なく書き込んで下さい。