私はフィリピンから日本に戻る直接のきっかけとなったのは、フィリピンで働いていた会社が倒産したからです。



しかし、フィリピンの会社が倒産にならなくても、いづれ日本に戻らないといけないと感じていたのでした。

理由は、下記の2つです。

1.定年後に加給年金をもらうには、厚生本で年金に20年加入しないといけません。私は、17年加入期間があるので、あと3年日本で働く必要がある。

2.娘が生まれたので、日本で教育を受けさせたい。

上記の理由ですが、最近はあまりこだわりがなくなるつつあります。

というのも、年金をあてにするより、貯蓄に努めた方が賢明なのでは?と思い、日本で自動的に社会保険等をひかれるのが、少しバカらしく感じてきております。

娘の教育についても、日本の教師に教えてもらうのもバカらしく感じてきております。(おそらく、日本の教師レベルは世界最低)

例えば、歴史についても年号を覚えさす教育に意味があるのか?と感じます。(覚えなくても、グーグルで検索すればすぐにわかる)

アメリカで留学した時は、歴史について学んだ時「自分が戦略を練るのなら、どうする?また、どこと同盟を結ぶ?」といったテーマを与えられました。

だから、授業中に居眠りをする生徒は一人もいなかったです。

あと、私は旅行会社で働いていた時に、高校の教師30人(教職員組合)をロシアに引率したことがあったのですが、ロシアでは誰一人自分で行動ができなかったのでした。

加えて、フィリピンの英語学校に来た、日本の中学校の英語教師の英語レベルに呆然となったこともありました・・・



日本は教育システムを変える必要はないのか? また、日本の教師はもっと教育を受ける必要がないのか?

このままなら、日本は経済だけでなく文化等も途上国になってしまうと感じている今日この頃です。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ