フィリピンには6ヶ月ごとに労働者を解雇し、再雇用を繰り返す悪しき労働形態があるのですが、このことをENDO(end-of-contract)と呼ばれております。

ドゥテルテ大統領はENDOを大統領令で撤廃するように命じたのですが、ENDOを続ける企業が多い為、労働雇用省は数年前にフィリピン内企業20社の名前を公表したのです



この20社の中にフィリピンへ進出している日系企業が6社も入っており、海外へ進出する日本企業の問題が明らかになっております。

特に日系の自動車部品製造会社がワースト10の中に3社も入っており、この業界の労働者へのぶらっくぶりがあぶり出されているのです。

ちなみにこの3社は、6位『スミ・フィリピン・ワイアリング・システム』社(4305人のENDO労働者)、8位『フィリピナス・キョーリツ』社(3161人のENDO労働者)、9位『古河オートモーティブ・システムズ・リマ』社(2863人のENDO労働者)となっております。

この問題に対して各社は『ENDOには関与していない』と声明、あるいは言葉を濁していたようです。具体的には人材派遣会社を通じて雇用する形態を取るため、直接の責任は人材派遣会社にあると述べており、そのことに対しても、そういった裏道雇用が通じない時代になっていることを知るべきと批判されていたのでした。



ちなみに、ワースト1位となったのはご存知『ジョリビー』社です。しかしジョリビーだけでなく、ファースト産業全体が日本同様『ブラック企業』のように感じました。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ