以前の記事でフィリピン人は臭いにとても敏感だと記載いたしました。

体臭だけでなく、他人の口の臭いにも敏感なのです。そして、フィリピン人は日本人に比べて口臭はあまりないのです。

ちなみに、フィリピン人が鼻の下を人差し指でこすったら「バホ(臭い)」という意思表示で、かなり嫌がっているサインなので、これをやられないよう対策が必要なのです。


口臭の原因は口やノドから発生するガスです。このガスには口臭ガスとよばれる揮発性硫黄化合物きはつせいりゅうかかごうぶつ(VSC)という成分が含まれています。

具合的に申しますと、口の中にいる500~700種類ほどの細菌の中で、口臭の原因となるのはおもに歯周病菌ししゅうびょうきんなどの嫌気性細菌けんきせいさいきんです。

食事の食べかすや細胞の死がいなどのたんぱく質を細菌が分解することで口臭ガスが発生するのですね。

また、口臭には生活の中で発生する生理的口臭と病気が原因で発生する病的口臭があります。そして、その中で歯や口の病気が原因で発生する口臭(舌苔や歯周病等)を最も気をつけなければなりません。

特に口臭の原因となる細菌が数多く集まっている舌苔(舌苔とは舌にすみついた細菌や汚れなどがたまり“コケ”のようになり、舌の表面が白くなってしまう状態)に注意しなければなりません

舌の表面に殺菌成分をスプレーする薬用オーラクリスター・ゼロが効果があるとされております。(口臭ガスの発生源となる細菌を直接的に殺菌します。殺菌テストでは口臭の原因菌を99.7%除去しました。)

公式サイト(現在割引中) → 3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ 

また、歯の神経が痛んできますと、腐敗臭を発生させるようになります。さらに歯根しこんに細菌がはいると化膿かのうしてうみがたまるので、これも口臭の原因となります。毎日の歯磨きでこられとともに、毎日の歯磨きで歯垢を取り除かないといけません。(歯垢は虫歯や歯周病の原因でもあり、口臭にも関わってます)

虫歯にならないためには細菌のすみかである歯垢を歯みがきで取りのぞくことがもっとも有効な対策なのですが、そうはいってもなかなか大変です。 

それで、歯医者さんが言っていたのは、ハミガキ粉が重要ということでした。数多いハミガキ粉の中で歯科医との共同開発で作られ、厚生労働省に認定されているブレスマイルは最も効果があるといわれてます。

公式サイト(現在割引中) → 全額返金保証書付きホワイトニング&口臭予防歯磨き粉【ブレスマイルクリア】  

ちなみにブレスマイルは、注文殺到で一時販売ができない状態でした。また、世界評価機関にも認められモンドセレクション金賞を受賞しているのです。



上記のように、口臭の原因となる細菌や歯垢を取り除けば、口臭が改善されるはずです。

口臭は自分では気ずきませんが、敏感な人にはかなり強烈です。特に女性や子供達は敏感なので、できるだけ口臭をなくしたいものです。

フィリピン人は小学生でさえ、ワキの臭いや口臭の対策をしているのです。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ