フィリピンでは、フィリピン航空がまたまた倒産の危機のようですね。

セブ島でも多くのお店が閉鎖しています。モール内のレストランや洋服屋、そして多くの旅行代理店が軒並み閉鎖しています。

景気が良くなる様子はないので、セブ島は当分ゴーストタウン化するかもしれないですね。



日本に戻ってきて、外出するようになって2週間経過しましたが、日本も景気は良いとは思えません。

おそらく、多くの若い人が職を失っているかと思います。特に、20代の女性が無職だと感じます。特に、派遣社員だった方々は大変でしょうね。

逆に、大企業ではけっこう年を重ねている女性はお局化して居座っているでしょうね。

私も人のことが言えず、面接を受けたりしてますが今週も1社内定をもらえ、少しほっとしております。

また、DODAからの紹介企業で来週1社最終面接となりました。
業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス
大手・案件数は、doda(パーソルキャリアの運営)は業界最大の求人数と非公開求人が圧倒的多数あることで秀でております。

ちなみに、フィリピンでの経験は日本の就職活動では一切プラスになりません。逆に、マイナスになっているかもしれないですねw

ただ、私の場合はフィリピンでは管理職として多くの外国人をマネッジメントした経験や新支店の立ち上げをした経験、新顧客を開拓した経験が生きております。

要は、海外で働くだけでなく何をしたかが大事なのです。

逆に、企業が魅力を感じないのは語学学校のスタッフでしょうね。空港に生徒を迎えに行った、生徒の相談にのった、生徒と食事に行った等アルバイトでもできることですから。



だから、フィリピンで働いたことより、何をしたのかをアピールしないと面接では厳しいと感じたのです。

ちなみに、面接の時に「フィリピンで働くのは経歴の無駄」とある面接官に言われました。その人は正直に言っただけですが、おそらく他の面接官もそう思っていたと思います。

これが、日本人や他の国の人の本音でしょうか?

       ↓ランキング応援お願い致します

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ