以前、フィリピン人の男性で髪が薄い人が多いことに気づいたと記載致しました。40代、50代のフィリピン人男性は髪が薄いのも影響し、10歳ほど老けて見えるほどなのです。

当初は、悪い環境や強い紫外線や食事等が関係しているのかと思っていましたが、どうやらフィリピンの水質も髪の毛や頭皮に関係しているようなのですと書きましたが、どうやらフィリピン人の食生活も影響しているようなのです・・・



ハゲる食事はこちらという記事を拝見したのですが、ことごとくフィリピン人の食生活に当てはまっているのです。

その記事には、まず刺激物の過剰摂取はダメとあります。フィリピン人は実は辛い物が大好きで、ファーストフードでチキンを注文すると、必ず「スパイシー or オリジナル?」と尋ねられます。

多くのフィリピン人がスパイシーと答えてますが、ジョリビーやKFC等のメニューに組み込まれているのです。

次に、脂肪分の多い食事がハゲる原因としてあげられてます。動物性脂肪が多く含まれているお肉などの食べ過ぎには要注意とありますが、フィリピン人は豚が大好きです。

基本、ご飯+チキンか豚+コーラが、一般的なフィリピン人の食事です。だから、動物性脂肪の摂りすぎで、毛穴をつまらせているでしょうね。

さらに、血液中に悪玉コレステロールが溜まり、これが毛根や毛根細胞に運ばれてしまい、血液の老化が始まり毛が抜けやすい状態になるとともに、老けて見える原因にもなっているのでしょう。

さらに、塩分の摂りすぎも、抜け毛を促すとあります。以前も指摘したように、フィリピン人は尋常でないほど塩を使います。

彼らの多くの料理は塩辛いので、腎臓がやられているフィリピン人は多いのです。(人工透析の費用のサポートがないので、多くのフィリピン人は人工透析は受けられません)

以上、ハゲる食事をことごとくフィリピン人は摂取しているのです。環境が悪い上、食生活も悪いとやはり薄毛フィリピン人は多いのもうなづけます。

さらに、シャンプーの性質も悪いし治療法もないので、フィリピン人はお手上げですね。だから、開き直って坊主にしているフィリピン人男性も多いのです。



フィリピンとは違い、欧米や日本では薄毛を防ぐサプリメント等があるので、気軽に薄毛対策ができるのです。

例えば、
イタリアの女性研究家が6年かけて開発したビュリクシールは食べる育毛剤と呼ばれる新素材が欧米では人気となっており、日本でも手に入るのです。(毎日600mg飲み続けることによって、半年で85%もの人に発毛効果が認められたという実験データが出ていました)

商品の詳細 → SHEE サプリメント 

  

医師(久保田医師)の監修、そして医療機関でも提供されているという信頼性から、上記サプリメントは日本でも人気商品となっております。(医療機関や薬局からも取り扱わせてほしいとの多くの注文があるとのこと。)

しかし、フィリピンではこのような商品や情報も手に入らないので、多くのフィリピン人は途方に暮れている今日この頃なのです。

※よく読まれている記事
フィリピン生活は薄毛になりやすい

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ