先日、フィリピン人妻との口論の原因で、商品購入時によく衝突するという記事を記載致しました。

典型的なフィリピン人と同様、妻はアップル製品が大好きなのです。フィリピン妻と喧嘩になる原因

それで、この3日ほどアップル製品で振り回されているのです。

ことの発端は、先日妻のiphoneのスクリーンの修理に行ったことなのです。



アヤラにあるアップルストア(修理部門)に行ったのですが、「2ヶ月かかる」と言われました。理由は、「シンガポールに送る」からだそうです。

実は、セブ島のアップルストアに勤めているスタッフが、能力はなくコネで入った役立たずばかりなのです。商品を購入する時に質問をしても、満足な答えが返ってきたためしがないのです。

仕方がないので、Eモールに行ってみました。Eモールは日本人の方に意外と知られていないのですが、3階に修理屋が10件ほど並んでいて、その場で修理してくれるのです。

しかし、いつも見てもらっている人がいないので、隣の店に修理を頼んだのが間違いでした。スクリーンを交換してもらった次の日に、画面の4分の3が真っ暗になったので、仕方なく新しいiphoneを買おうと思ったのです。(おそらく修理が適当だったから真っ暗になったのですが、修理屋にクレームを言っても、日が変わると取り合ってくれないのです)

妻の誕生日プレゼントにちょうどいいと思って、アヤラのアップルストアに行ったのですが、やはり品揃えが悪く、「この機種は、128Gの商品がない」「このタイプは黒しかない」等、やる気が全くないのです。

むしろ、購入すると面倒だと言う態度で、「上の階にあるよ」と、上の階の携帯ショップ(10軒以上あります)にたらいまわしにしようとする様子なのです。



上の階では、何軒は熱心に調べてくれるお店もあり(おそらく、売った人にインセンティブが入ってくるのでしょう)、やっと購入することができました。

しかし、その後アップルIDやパスワード等のセットアップで2時間ほどかかりました。(しかし、不十分だったので、翌日にそのお店に行く羽目となりました)

2時間かかった原因は、確認もせずにどんどんやっていくので最後まで行けず、途中で何回も戻るからなのです。知識がないのに、確認せずに進んでいく典型的なフィリピン人にあたってしまったのです。

それにしても、フィリピンではアップル製品を購入するのも一苦労なのです。また、修理の時も一苦労で、まともな仕事が期待できないのです・・・

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ