伊藤忠商事が、傘下のコンビニエンスストアのファミリーマートを完全子会社化にする方針を固めたのニュースを聞きました。

TOB(株式公開買い付け)によって、現在50.1%の保有比率を100%に引き上げ、買い付け総額は約5000億円に上るようですね。

マニラでは、ファミリーマートが割と進出しているようですね。



中でも、ボニファシオ グローバルシティには、世界最大級規模の店舗がありますね。その
店舗は、コワーキングスペースや会議室、ビールルーム、禅庭園なども設置しており、ファミリーマートの商品を楽しみながら、勉強や読書などができるようです。

この店舗ではワークライフバランスに焦点をあて、会議やブレインストーミングができるだけでなく、夜はカラオケも楽しむことができるのです。

そんなメトロマニラには、約100店舗あるようです。また、マニラにはミニストップもよく目につきますね。

ちなみに、ここセブ島ではファミリーマートは見ません。2015年にITパークにオープンしたと聞きましたが、見たことがありません。

かわりに、どこに行ってもセブンイレブンだらけなのです。私が働いているITパーク内には、少なくても4軒あります。

私の住んでいる場所にも、多くのセブンイレブンがあるのですが、スタッフの対応は揃いもそろって最悪なのです。何が悪いのか?よくある事例を記載します。

・90%以上の確率で、熱い食べ物と冷たいジュースを同じ袋に入れられる
・90%以上の確率で、スプーンを忘れる(ヨーグルトやプリンを買った時)
・お釣りがないと購入を断られることがある
・店内の冷蔵庫が冷たくない時が多く、その時ジュースが冷えていない
・パスタ等腐っている商品がたまに陳列されている

ということが、セブ市のセブンイレブンでは普通に起こるのです。



フィリピンのコンビニエンス業界の競争は、セ
 ブンイレブンがダントツでマーキュリー・セルフサービス、ミニストップ、ファミリーマートなどが追うという展開のようです。

ローソンも2015年にフィリピン1号店をオープンし、2017年年初旬には30店台を突破したのです。

ローソンとファミリーマートに期待をし、セブ市に進出をすることを待ち望んでいる今日この頃です。

※よく読まれている記事
フィリピンの病院がキャッシュレス診察を受け入れた過程 
アジアで多いトラブル例とトラブルの少ないクレカ

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ