フィリピンから今年の2月に来日された30代の男性(外国籍)が、狂犬病で亡くなられたそうです。

犬に噛まれたのはフィリピンで昨年の9月頃で、
先月豊橋市の医療機関で受診し、足首の痛みや腹痛、嘔吐、水を怖がる等の症状を訴えて入院していたようです。

そして、先月22日に国立感染症研究所の検査で狂犬病を確認したのです。



まずは、狂犬病について簡単に記載致します。

《概要》
狂犬病は、毎年世界中で約5万人の命を奪っているウイルス感染症であり、一度発症すると致死率はほぼ100%に至ります。インドが世界一の狂犬病国で、続いて中国、そしてフィリピンはNo.3なのであります。新型コロナウィルスの致死率が約6%、インフルエンザの致死率が0.1%未満ということなので、狂犬病がいかに恐ろしいかおわかりでしょう。

原因と感染源》
一般的には感染した動物の噛み傷等から唾液と共にウィルスが伝染します。傷口や目や唇等を舐められた場合も感染する確率が高い。感染源は、犬、猫、こうもり、猿、あらいぐま等。

《潜伏期間》
通常1ヶ月から3ヶ月、長い場合は1年や2年の場合もあります。

《症状》
発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、疲労感といった風邪のような症状ではじまり、咬まれた部位の痛みや知覚異常を伴います。 興奮や不安状態、錯乱・幻覚、攻撃的状態、水を怖がるなどの脳炎症状を呈し、最終的には昏睡から呼吸停止に至ります。

日本では狂犬病予防法の制定後、徹底した管理のもと、狂犬病は撲滅しております。しかし、ここフィリピンではそんの制度があるはずもなく、狂犬病をもった犬がそこらじゅうにいるのです。何もしらない日本人の方が犬に手を差し伸べて噛まれたケースも多々ございます。

私がセブ島の病院で働いている時は、犬にかまれた日本人の方と数十名接しました。その場合は、すぐに病院に来て頂き(原則24時間以内。早ければ早いほど良い)、傷口を洗い、消毒液で等消毒し、一刻も早くワクチンを注射して、発症を防ぐ必要があるのです。

上述したように、狂犬病は感染してから発症するまでの期間がありますので、発症を防ぐために暴露後のワクチンを数回注射して頂くのです。(回数は事前に予防接種をした場合としていない場合で違います)

発症すれば致死率が100%なので、一回目の処置はなるべく早く行う必要がありますので、犬に噛まれたという方から連絡が来たり、目撃等があれば、直ちに病院に来ていただいてすぐに医師・看護師に処置をさせました。

その甲斐がありまして、セブ島で犬に噛まれた数十名の日本人の方は、発症していないかと思います。(ニュースにはなっていないので)


ちなみに、フィリピンの犬は1,000
万頭近くのうち10%ほどの犬しか予防接種を受けていないので、フィリピン生活は狂犬病と隣りあわせなのです。



2006年には、日本人の方もフィリピンで犬にかまれ、帰国後に発症致しました。(かまれた後、ワクチンの摂取は受けていない模様)。

昨年度はノルウェー人女性がフィリピンで犬に噛まれ、帰国後に発症しております。

ここセブ島は野良犬だらけなので、セブ島に来られる方はくれぐれも、ご注意ください。 

他のフィリピンの怖い病気の記事 → 一生直らない感染症・フィリピンには800万人感染

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ