フィリピンへの人気都市ベスト3には、よくボホール島があげられております。

実際、セブ島在住フィリピン人やセブ島に滞在している日本人からの観光スポットとして、一番人気を誇っているのです。

セブ島の南東部に位置し、高速船で僅か2時間ほどで到着できることも、セブ島からの大人気の旅行地になっている要因でしょう。(セブ市のPIER1から高速船が出ております。スーパーキャットとオーシャンジェットの2社から運航しており片道約1,000円強)



ボホール島の概要ですが、
面積は4117平方キロメートル(セブ島全体の面積は4468平方キ口メ-トル)で人口は約114万人(セブ島の人口は約300万人)です。

≪準備・持っていく物≫
歩きやすい靴(自然が豊かで様々なアクティビティやチョコレートヒルズではかなり歩きます)
虫除けスプレー
薄手のカーディガン(フェリーやレストラン内は冷房が強い)
タオルとティッシュ
水着と日焼け止め
折り畳み傘
海外旅行保険(海外旅行保険付帯クレジットカードが便利です。特に年会費永年無料のエポスカードがすすめです)詳細・お申込 → 最短即日発行!エポスカード

≪観光スポット≫
ボホール島にはアロナ・ビーチ(パングラオ島)やバリカサグ島のビーチ等綺麗なビーチがあるのですが、日本からはアクセスが悪い為訪れない人が多いのがとても残念に思います。

私が行ったアロナビーチは、1.5キロメ-トルに広がる白砂浜と真っ青で透明度が高い海とヤシの木がとても印象深かったです。

また ロンボク川という川があり、前回行った時にロンボク川下りをしようと思ったのですが、到着した時には船がなくなっており、諦めた思い出があります

IMG_1494

そして、ボホール島の一番の思い出は何と言ってもチョコレート・ヒルズです 展望台からはとても眺めがよく たくさんのチョコレート・ヒルが見え、実に壮大でした 

なんと、この草に覆われた円錐形の小山は1268個もあるのです。

092028395a86829ba153.jpg






私が行ったのは12月だったので、チョコレート色ではなかったのです。乾燥した4月~6月に行けば茶色くチョコレート色に染まったチョコレートヒルズが見られるのです。

以上のように、ボホール島にはセブ島にはない手つかずの自然がまだ残っております。(島半分が大理石でおおわれているようです。)世界最小の猿、ターシャにも出会えます。

また、前述したように綺麗な海が多いので、ダイビングのメッカとしてダイバーにも人気があるのです。

≪おすすめのお土産≫
カラマイ(もち米、ココナッツミルク、黒砂糖等を混ぜたジャム状のものでパン等に塗ります)
ターシャ(世界最小の猿)の置物
ハチミツとオーガニック石鹸(オーガニックレストランBee Farmにて)

≪注意点≫
フェリーがよく欠航しますので、旅程には余裕をもってください
蚊や虫がとても多いので、虫除けスプレーは必要です
フェリーやレストラン等のトイレには紙がないので、ティッシュを持参して下さい



よくあるセブ島からの日帰りツアーでは、7時頃~20時頃なのですが効率よくボホール島の周遊を観光します。

私は10年ほど前に訪れた時は、ツアーではなかったのでボホール島内での交通機関にはひじょうに苦労したのを覚えております。(路線バス、バイクタクシー等を使いました)

しかも、その時は友人の家に宿泊したのでリゾートホテルにも泊まらなかったのです・・・(ボホール島では、ボホールビーチクラブやヘナボーチリゾート等が有名です)

娘がもっと大きくなったら、今度はツアーで参加したいと目論んでいる今日この頃です。
 

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ