老後のリタイアメント時にセブ島への移住をと考えられている方は、多いかと思います。確かに条件面等のハードルが低く魅力的に映るかもしれませんが、ご予算を少し高く設定されたほうが賢明かと思います 

と申しますのも、フィリピン・セブ島では計算外の出費・費用が必要になること場面が度々起ります



1つは、セブでは様々な物が壊れやすく修理をしてくれるお店もなかなか見つからない為 度々買い換えなければならないかと思います。

私がフィリピン生活中で壊れた物は、冷蔵庫、ガスコンロ、風呂場のシャワー、トイレの便座、パソコン(日本から持参)、カメラ(日本から持参)、電子辞書(日本から持参)、スーツケース等が壊れました。 

加えて、コンタクトレンズや靴等も日本で使用している時に比べ、寿命ははるかに短いでしょう。

また、病原菌が日本より多いので 病気になって病院に行く回数も確実に増えます。加えて、移住となれば海外旅行傷害保険も入るのも難しいかと思います。

あと、電気代やインターネット代は日本より高いかと思います。

そして、日本人だけではなかなかうまくことが進まないので(ほとんどのスタッフがやる気がない)、フィリピン人のハウスキーパー等何でも屋を雇うこととなるかもしれません。

これらの不の情報は、ロングステイ等のエージェント達は教えてくれないでしょうでしょう・・・



貧乏旅行をする日本人の方の本やテレビ等でフィリピンなら安く暮らせると思われますが、実際は思った以上に高くつくのです。

日本なら安くてもそれなりに暮らせますが、ここフィリピンではある程度お金を使わなければ満足した生活が手に入らないのです。

以上の理由などで、フィリピン移住を断念した方々をたくさん拝見しました。後悔しない為にも、ご慎重にかつご予算や生活費に余裕をもたれたほうが賢明でしょう。

かくいう私も、しょっちゅう日本に戻りたいと思っている今日この頃です。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ