今やマニラやセブを中心として、フィリピン在住者や旅行者にとってジャパニーズヘルプデスクのサービスはかなり心強い存在でしょう。

病気になって電話をかければ診察の予約ができて、ヘルプデスクがクリニックの役割も果たし(セブ市の場合)、医療通訳もしてくれ、検査室の案内、入院の手続き、処方箋の用意、海外旅行障害保険に加入していれば、キャッシュレスの手続きも行うので、まさにいたれりつくせりなのです。



なぜ、キャッシュレス診察ができるのでしょうか?

私がセブ支店を立ち上げた時は、三井住友、日本興亜、あいおいニッセイ同和損保ぐらいしかキャッシュレス診察ができなくて、AIG損保や損保ジャパン等の海外旅行保険の場合は現地病院の診察時に現金清算をし、帰国後に保険会社からリファンド手続きをしていたました。

なぜそうだったかと言いますと、当時のジャパニーズヘルプデスクのオーナーがPインターナショナル社(海外旅行保険クレームエージェント、以下P社)とつながりがあったからです。

簡単に言いますと、ライバル社のIナショナルSOS社(以下I社)取り扱いのAIJ損保やNエマージェンシーアシスタンス社(以下N社)取扱いの損保ジャパン等は、取扱いができなかったのです。

しかし、AIJ損保ご加入の患者さんや損保ジャパンの患者さん、他の海外旅行保険ご加入の患者さん達は、ジャパニーズ・ヘルプデスクのサービスを受けたいということで、最終的には一手に引き受けるようになったのです。

私は、医療のプロ集団と日本のサービスを目指し医療通訳の水準を高め、フィリピン人医師達とタッグを組み、多くのレベルの高い専門医と契約をし、できる限り診察に同行しました。

生命保険にご加入の患者さんが入院された場合は入院一時金請求のの為の書類を用意したり、海外旅行障害保険にご加入されていない方には、日本に帰国された後に国民健康保険の海外療養費支給の申請書をドクターに記入させ、通訳をして用意したりもしました。

そうしたことで、フィリピンの病院や医者達の売上げに貢献し重宝され、仕事がやりやすくなりました。全く、売上げにならないことでも(例えば人工透析のサポート)サポートしました。
一方、I社やN社が依頼した機関は旅行会社やエージェント等だったのですが、当然彼らは売上げに関係あることしかやらないし、また医療通訳もできず、フィリピン人医師の言いなりになることしかできなかったのです。

そうした結果、ほぼ全ての保険会社から依頼される結果になったのです。10年前の立ち上げ当時は、誰一人存在を知らなかったので、毎日のように日系企業や旅行会社等に営業活動を行っておりました。語学学校も韓国系しかなかった時代です。

セブ日本人会の機関誌に執筆させて頂いたりもし、セブ領事館等からの信任も得て、時には夜中の1時や2時に電話がかかってきてもドクターを派遣したりと奔走していました。

そうした甲斐があり、ヘルプデスクはいつ行っても日本人患者さんで満ち溢れるようになったのでした。

当時は海外旅行保険付のクレジットカードもキャッシュレスがなかなかできなかったのですが、当時のスタッフの尽力によって、キャッシュレスができるようになりましたので、フィリピンに行く場合はクレジットカードを作っていかれるといいでしょう。

特に、引き受け会社が三井住友海上が対応が早くスムーズでした。クレジットカード付帯の場合は、自動付帯と利用付帯の種類があるのですが(利用付帯の場合は旅行に伴う交通機関をクレジットカードで決済する条件があります)、利用付帯の場合はキャッシュレスの承認が間に合わないこともあるますので、自動付帯のクレジットカードをおすすめします。

年会費無料で自動付帯となると、大人気のエポスカードがあるのです。エポスカードの特典は以下のようになっております。

・入会金と年会費が永年無料
年4回マルイの10%OFFセール
・クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険が自動付帯(利用付帯の場合は、キャッシュレス治療ができないこともあります。)

さらに、エポスカードはさらにポイント還元率がいいことや丸井以外(全国に10,000店舗以上の提携企業があるのです)の買い物でも優待価格でサービスを受けることができるのです。



優待施設には皆様がご存知の企業・施設がたくさんございます。「ロイヤルホスト」や「魚民」、「笑笑」などのレストランや居酒屋、「イオンシネマ」などの映画館、舞台やライブのチケット、「ビッグエコー」「シダックス」などのカラオケ、「大江戸温泉」「万葉の湯」などのスパ、美容院、フィットネス、ショッピング施設などでご優待を受けることができるのです。


エポスカード詳細↓(2,000円分ポイントプレゼントです)
EPOSカード

といったように無料にもかかわらず、メリットだらけなので、ご旅行を考えられている方、国内で様々な施設に行くことを考えられている方は、エポスカードをおすすめ致します。(約1週間であがってくるようです。)

ちなみに、私はクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険を用いて、ここ10年ほど海外の病院ではいつもキャッシュレス治療をしております。


謎の病気で入院した時、副鼻腔炎や気管支炎や皮膚病等で何回も診察を受けましたが、支払いをしたことはありません。

診察代、薬代、検査代、入院費用(個室です)等全てクレジットカード付帯の海外旅行保険を使ってキャッシュレスで処理をしたのです。

年会費無料で費用はかからないので、作っても損はないでしょう。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ