フィリピン共和国の国名の由来は、1542年に、スペイン皇太子フェリペ(のちの国王フェリペ2世)の名から、スペイン人の征服者ルイ・ロペス・デ・ビリャロボスによってイスラス・フィリピナス諸島(フェリペの島々)と名づけられたことに由来するのです。

他の国の由来ですが、スペインは「うさぎの多い土地」からで、カナダは「村」、インドは「川」、アルゼンチンは「銀」からなのです。

また、ハワイの場合は「ハワイロア」という最初にハワイに住み着いたとされる人物の名前に由来すると言われております。このように、国名の由来はえてして単純で適当に名づけられたケースが多いと感じます。



続いて、日本が使用しているフィリピンへの漢字表記はです。蛇足ながら、知られていない国名の漢字表記ベスト10を掲載致します。

1位:秘(ペルー)
2位:星(シンガポール)
3位:墨(メキシコ)
4位:芬(フィンランド)
5位:錫(スリランカ)
6位:白(ベルギー)
7位:
緬(ミャンマー)
8位:丁(デンマーク)
9位:埃(エジプト)
10位:愛(アイルランド)

私が好きなのは、ランキング外ですがギリシャのとチリのです。逆に、嫌いなのは(アメリカはパン食です)、フランスの(仏教ではないはず)、インドの印(なんとなく嫌)、トルコの土(なんとなく嫌)です。

話題をフィリピンに戻しますが、フィリピンが世界でトップというのは何でしょうか? 以下、掲載致します。

世界一 闘鶏が盛ん
(首都マニラでは、国際的な大会が開かれアメリカをはじめ各国からの参加があります)

世界一 メールが盛ん
(世界で月間240億通のモバイル・メッセージが伝送されており、そのうち6分の1にあたる40億通がフィリピンで生成されていると推定されてます)

世界一 行政面積が大きな市;ミンダナオのダバオ市
(東京23区の約4倍。フィリピン第2の都市として、南部の経済の中心地です)

世界一の視聴率(98%)、パッキャオvsデラホーヤ、
(パッキャオの試合がある日は、人通りが0で車もなし、犯罪もなし。フィリピンだけでなく、パッキャオはアメリカ・南米・欧州でも有名等 パッキャオの話をすればきりがないです)

誇れる物はあまりありませんが、フィリピンでも世界一のものが少しはあるのです。



そして、男性にとっては嫌なことですが、週末の行動を女性が決める割合のランキングもフィリピンが堂々の世界一なのです。週末の行動を女性が決めるランキング

1位:フィリピン 33.8%
2位:ベネズエラ 27.1%
3位:韓国 24.8%
4位:台湾 22.8%
5位:インド 22.0%

我が家も、だいたいはフィリピン人嫁が決めております。特に、日曜日は必ず一緒に行動しなければなりません。私の知人の医者や弁護士達も同様です。

このような結婚生活が嫌な場合は、フィリピーナと結婚しないほうがいいかもしれません・・・


       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ