以前ブログでは、フィリピン人の優先順位は1番が家族・2番が宗教・3番が余暇と記載致しました。また、朝はぎりぎりに出勤し、終わるのは定時で、有給もきっちりととると紹介しましたが、いいことばかりではなくフィリピン人達の給与はあまり良くないようです。

ただ、他の方がブログで紹介しているほど悪くないかと思います。というのも、ほとんどの方が書かれている給与は語学学校勤務や日系企業勤務のフィリピン人のものだからです。



知っている限りでは、語学学校の先生やスタッフの給与水準はかなり低いかと思います。ちなみに、私の知り合いの警察官は月給約 85,000円だし、弁護士やドクター達は約 300,000円~約 5,000,000円なのです。

だから、よくブログ等で フィリピン人達の給与はみんな15,000ペソ( 30,000円強)とか 20,000ペソ( 40,000円強)と書かれていても実感がわかないのです。

日本も安月給の方がいれば高級どりの方がいるのと同じでフィリピンもひとくくりにはできないのが現状でしょう(ただ平均給与は日本よりはるかに低いです)。

あと、よくフィリピンの物価は日本の5分の一だ、3分の一だとかいう意見も聞きますが、贅沢品の値段はほとんど変わりません。車、パソコン、携帯電話、そう変わりません(車はフィリピンの方が高いようです)。

しかし、以前に比べてここセブ島では5百万円や1千万円以上の自動車がけっこう走っていたりすのです。

以前より給与水準が高くなり中間層が増えたこと、カードでのローンが組みやすくなったこと等ありますが、やはり海外組がひじょうに強いのです。

聞くところによりますと、海外から送金額がフィリピン経済の1割以上を占めているようです。そして、その大半がアメリカからのようです。



ちなみに、アメリカには60万人以上のフィリピン人がいるようで、アジアでは、中国人、インド人の次になり、日本人は約10万人を遥かに上回っているのです(年々増え続けているようです)。

そして、在米フィリピン人の平均給与が在米中国人・在米日本人・在米韓国人より多いのです。http://www.pewsocialtrends.org/files/2012/06/2012-sdt-asian-americans-0181.png

だから、高級車を購入するフィリピン人が年々増加しているのでしょうね。謎だらけのフィリピン人ですが、こうして少しずつ謎が解明してくる今日この頃です。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ