フィリピンに来られる日本人の方達は、旅行会社や留学代理店等斡旋会社からは 負の情報はほとんど教えてもらっていないように思えます。

旅費や物価が安い、ビーチがきれい、フィリピン人達はフレンドリーで親日家だ、女遊びも充実している等、プラスの要素ばかり言われるはずです。

だから、旅行会社等が教えない不の情報を今回は掲載致します。




例えば、セブ島に来られる方には「きれいなビーチがたくさんありますよ」とのうたい文句を散々聞かされたかと思います。

しかし、フィリピンは年間降水量が世界でトップ3内らしいのですが、こんなデータは言わないでしょう。言ってしまったら、ビーチどころではなくなりますよね。 

そして、フィリピンには野良犬が多くほとんどの犬が狂犬病をもっているのですが、そういった情報も知らずにセブ島に来られる方は多いかと思います。(ウィキペディアによりますと、発症後の死亡率はほぼ100%となっております)

ご年配の方にロングスティ等を薦める会社等は、よくコンドミニアムを安い等言っておすすめされてますが、実際に住まれている方達は雨漏りや音漏れ等の苦情をもってらっしゃいます。(苦情を言って修理を依頼しても放置されてしまう事が多いのです)

また、最近コンドミニアム等家賃が軒並みあがってきており、大阪とあまり変わらないと感じております。もちろん、品質はひじょうに悪いです。(コンドミニアムに関しては、ハワイのコンドミニアムを想像しては駄目です。あくまでも、フィリピン・クオリティです)



子連れ留学等の宣伝もよく伺いますが、病原菌がが多いフィリピンに子供を連れてくれば子供達は可愛そうだと思いませんか。

抵抗力・免疫力の少ない子供達は、すぐに病気になるからです。

空気も排気ガス等で汚染されているので、喘息になる子供たちも出てくるでしょう。

そういった上記のようなマイナス要素は、なかなか斡旋会社等は教えてくれないように思います。が、とても大事なことなのです。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ