以前、緊張するフィリピン人が多く、仕事中に営業マンがオフィスに入って来ても緊張やストレスからか、ろくに話もせずに帰っていくフィリピン人営業マンがいると掲載しました。

私の前職の勤務先(病院)に 毎日たくさんの薬品会社のフィリピン人営業マンが来ていたので、彼らについて今回は掲載致します。

ほとんどが医師達へのセールスなのですが(薬品会社が多かったです)、これが8割以上の営業マンがだらしないのです。 

具体的にどうだらしないのか申しますと、

・アポイントなしで押しかけてくる(たまに追い返します)
・きちんと自己紹介をしない(名前や会社名言わない)
・ドクター以外のスタッフには、無礼
・きちんとドクターに薬等の説明をせず、訪問したというサインをもらうだけ

上記のように無意味な営業マンばかりなのです。日本人営業マンとは全く違いますよ。

おそらく、訪問中はストレスを感じて一刻も早く逃げ出したいのでしょうね。(フィリピン人はストレスにひじょうに弱い)

また、すぐに現職をやめて転職をするので商品知識もないので、あまりながいをしたくないのでしょう。




あと、不動産の営業マンや会員制のクラブの営業マンと会ったりもしましたが、彼等は本当にわかりやすい性格です。

彼等は商品を売ると、おそらく多額のインセンティブが入ってくるのでしょうね。

だから、お世辞や嘘等を交えながらとにかく売ってやろうと必死なのですが、「今は買わない」とこちらが意思表示をすれば、「じゃあ、バイバイ」とすぐに営業活動やめて帰るのです。

実にわかりやすいのです


また、薬品会社、不動産、会員制クラブ等の営業マンで共通しているのは、商品知識がない為嘘やその場しのぎが多く、また顧客が求めている商品でなく自社の押し売り、とまるで駄目なのです。

そんな駄目な営業マンには、こちらが主導権を握って聞くべき項目をしっかりと聞き、また会うべきかどうかを判断し、無駄な時間をセイブして行くべきでしょうね。

それにしても、フィリピンではなかなか信用できる営業マンに会えないのは私だけでしょうか???

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ