先週、フィリピンは日本と違ってとても環境が悪く、新生児死亡率は日本の10倍以上と記載致しました。

しかし、春休みや夏休み中はセブ島に家族旅行で来られる方をひじょうに多く見受けられます。

私はフィリピンの病院に勤めている時に、セブ島駐在員の方のお子様がご病気に悩まされ(喘息や気管支炎、皮膚病等)ている場面を目の当たりにしたので、子供達をフィリピンに連れて行くことはおすすめできません。

もし、連れて行くのなら病院の下調べとキャッシュレスが使える海外旅行保険の準備が必要でしょう。



そうはっても、海外旅行傷害保険に家族で加入するとならと数万円の出費となります。

しかし、海外旅行傷害保険にも裏技があり年会費0円のクレジットカードで家族特約をつけられるクレジットカードをもてばいいだけです。

私が知っている年会費0円のクレジットカードで家族特約がつけられるのは、UCSカードだけです。(年会費は0円。家族特約/UCS旅とくプラスは年間1,100円です)

この家族特約をつけるだけで、保険の対象が同居している家族全員まで広がるのです。数万円かかる海外旅行保険が、年間たったの1,100円ですむのです。

公式ページ → UCSカード(マイメロディカード)

また、利用付帯ではなく自動付帯なのでクレジットカードで航空券等を決済すう等の面倒な制約がないのもうれしいです。(現在インターネットからのUCS通常カードのお申し込みは、マイメロディデザインとなっております)



子供達は特に敏感なのでフィリピンではアレルギーも出やすいかと思います。

日本ではアレルギー反応がなくても、フィリピンでダスト、虫(ダニなども多いです)、日光等が原因で発疹が出たりしたケースもございます。

フィリピンにいく場合は、最低限の備えが必要だと日々感じている今日この頃です。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ