フィリピンでは何もかもが遅延します。

1時間待たされたこと、半日かかったこと等は当たり前です。

私は2017年8月に日本から荷物をセブに送った時は、荷物が届いたのは何と半年後の翌年でした。

だから、フィリピンにいれば計画しても物事が計画通りに流れないという事を悟ってのうえで、フィリピンにお越し頂ければと思います。



例えば、日本人の人はよく計画を立てて動きますが、ここセブ島でもやはり計画を立てようと考えます。

11;30に入国管理局でビザを延長して、13;00に銀行に行って、その後買い物をしようなどと計画を立てるのですが、まず入国管理局で計画がぶち壊されます・・・ 

やる気のない係員がもたもた仕事をし、12:00になると一斉にみんなが仕事をやめて昼休みに入るのですが、その間手続きをしている外国人達は13;00まで放置されるのです。

また、銀行でも銀行員がもたもた作業をするので番号をとった時は既に20人待ちの状態・・・フィリピン人の仕事ぶりは日本の役所を数倍遅くした仕事ぶりなのですが、さらに銀行では不動産ローンや資産運用や投資などフィリピン人にとってひじょうに難しい難題をも取り扱うので一人一人に時間がかかり、20人待ちの時はいったいいつ回ってくるのだ?と途方に暮れてしまうのです。

とこんな風にフィリピリンでは計画通りに事が運ばないのですが、場面が変わってレストランではどうでしょうか?

日本の居酒屋では、最初にお造りやつまみのような物を注文して 後で揚げ物や焼き物等を注文し そしてご飯ものを注文する等 ここでも計画を立てます。 

が、一方フィリピンでは最初に全てを注文します。注文した料理がいつ来るのかわからないからなのです。日本だったら、だいたい10分以内ぐらいに料理が来ますが フィリピンでは忘れ去られることもあり、本当にいつ料理が来るか分からないのです。(日本食レストランでも)



フィリピン人のほとんどが計画ができないと以前は思っていたのですが、例え計画をしても計画通りに事が運ばないのでフィリピン人は計画する事を捨てた・諦めたのでは?と考えている今日この頃です。

だから、フィリピンに来る日本人達は計画や時間に余裕をもつ事をおすすめ致します。

        ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ