フィリピンの物価は急激にあがってきておりますが、実は元から意外と高かったのかもと最近感じております。

と申しますのも、先日サンダルを購入する為にアヤラモールに行ったのですが、だいたいが4,000円~10,000円ほどするのです。たかが、サンダルがです・・・

ちなみに、ダウンタウンのコロンあたりに行けば200円ほど買えたりするのですが、日本人はそういった場所で服や靴等は買えないのです。

実際、購入はできますがすぐに破損したり、ダニやノミがいたりするのです。(だから、着る前に洗わなければなりません)

また、フィリピン人でも中流以上の人はダウンタウンや路上のマーケット等では買わないようです。



貧乏旅行をする日本人の方の本やテレビ等でフィリピンなら安く暮らせると思われますが、本音は厳しいです。

また、食事でもフィリピン人でさえ屋台のような場所は嫌い、昼食で400円~1,000円費やしているフィリピン人が多いことに気づきました。

特に今住んでいるコンドミニアムの住人達は、日本食レストランで一人2,000円~4,000円ほど使っている人がよく目に付きます。

そんな感じで、フィリピンも中流以上の家庭は日本人並みに出費をし、貧困層のフィリピン人達は1食100円や150円で暮らしたりもしているのです。

聞いた話によりますと、会社内でもこういったギャップがあり、フィリピン人同士お互いに理解できないようです。

例えば、会社内では大卒の社員と現場や清掃員の学校をろくに行っていない人が混在しております。


教育も育った環境も金銭感覚も何もかもが違い、理解するのに一苦労のようです。日本のマスコミは相変わらず貧困な箇所やそういった所にボランティアが行って活動している場面しか取り上げないのです。



問題なのは、それなりの質の物は日本と同等(または以上)であり、また高価なものでも品質がいいとは限らないことです。

セブ島移住を考えられている方は、マスコミが流した安い物価の情報だけを鵜呑みにしない方がいいでしょうね。実際、騙されたと言っている人は大勢おります。

そんな理由であっーという間にお金が減っていく今日この頃です。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ