年末といえばお歳暮なのですが、ここフィリピンではモールやスーパーではクリスマスギフトがたくさん並んでおります。

日本のお歳暮と似ており、フィリピンで並んでいるギフトは食べ物が多く、中身がすぐわかるようにバスケットに盛られているのです。

日本のお歳暮とは違い、配達はなく基本は手渡しなのです。



ワイン、コンビーフ等の缶詰の食品、クッキーなどなど日持ちしそうな食べ物がバスケットに盛られ、中には4,000円~5,000円のものも並んでいるのです。

しかし、値段の割にはもらってもさほど嬉しくないものばかりです。

一方日本の場合は、お歳暮の人気ベスト3にかにと和牛が入っているのですが、これらは是非とももらいたいですよね。

多くの蟹の商品の中で、おいしい蟹を届けてくれるお店選びのコツを記載いたします。
・北海道に本店がある
・販売数量が多い(人気がある)
・蟹の産地の明記がある

これらの3つを満たしている名店ランキング第1位は北海道網走水産の蟹、第2位はかにまみれとなっているようです。(かにのお歳暮ギフトランキングより)

北海道網走水産が1位というのは納得ですね。というのも、私は旅行会社で働いている時に北海道全土を出張で回りましたが、網走の蟹が一番美味しく感じました。

同じく北海道のかにまみれは、加工状態の良い商品だけ厳選するという手法で顧客満足度95.7%以上誇っております。

公式サイト → 蟹専門店の北海道網走水産
公式サイト → かにまみれ 

和牛なら、三大和牛(松阪牛、神戸牛、米沢牛)が定番ですね。私が感じた特徴ですが、松阪牛は
きめ細かい霜降りと甘み、神戸牛はやわらかくふんわりとした食感、米沢牛は松阪牛同様にきめ細かい霜降り、そしてとろけそうな食感です。

三大和牛は全て高級で人気商品ですが、私は中でも米沢牛が大好きです。本当に口の中でとろけそうだし、ジュンとほとばしる肉汁のジューシーさもたとえようがないほど美味しいですね。

米沢牛専門店「さかの」公式サイト → 米沢牛専門店 さかの

フィリピンでは、こうした蟹や牛肉のこだわりがなく日本に比べると安いのですが、やはり味が全然違うので満足することはありません。



フィリピンでは、豚肉や鶏肉がとても売れているのですが、価格の高い牛肉はあまり一般的ではないのです。(バーベキューもほとんどが、豚肉と鶏肉です)

ちなみに、他のアジア諸国でも牛肉はあまり一般的ではなく人気はありません。理由は素材が悪く美味しくないからです。

例えばタイの牛肉は牛がやせているせいか美味しくなく匂いがきつく、またマレーシアも臭いがきつくすじが多いのです。

もしこのような上質な和牛をプレゼントすると、フィリピンやアジア諸国ではたちまち大人気になり、ヒーロー扱いされだろうと想像する今日この頃です。

       ↓ランキング応援お願い致します
このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ