日刊スパの記事に、大手旅行会社H.I.S.の社員で旅行好きの社員の個人的に申し込みたい自社ツアーやパッケージプランが掲載されておりました。

「定番ですが1番はやっぱりハワイ。ウチに限らず、各旅行会社の主力商品になっているので価格競争が激しく、どのプランも値段の割にお得になっています。しかも、H.I.S.はワイキキにツアー参加者が利用できる専用ラウンジが3か所あり、食事や飲み物も提供されます。まあ、JTBさんも似たようなラウンジをワイキキに用意していますが、一部の旅行会社しか持っていないため、その点だけでも他社よりもオススメです(笑)」

やはり、ハワイは大人気ですね。



では、逆に行きたくない国はどこでしょうか?

1位は、香港です。理由は言うまでもありませんが、デモで観光を楽しむ雰囲気じゃないからです。(デモは毎日起きているわけじゃないし、開催日でもデモ会場やその周辺を避ければそこまで影響はないようですが、空港占拠で欠航続出も実際に起きていますし、この先どうなるのかわかりません)

続きまして、タイのバンコクも行きたくない場所だそうです。理由は、窓口であるドン・ムアン空港の入国審査がかなり混み合うのです。

そして、最後にあげたワースト地域はフィリピンのセブ島です。理由は、治安だそう。以下、コメントです。

「ウチのパッケージプランに限らず、他社商品でも同様です。日本人に人気のアジアのビーチリゾートでは、群を抜いて治安が悪いです。フィリピンはほかのアジア圏と違って銃犯罪の多さが突出しており、高級リゾートでホテルの敷地からほとんど出ないならともかく、食事や買い物で街に出るなら近い距離でもタクシーを使うとか気をつけたほうがいいでしょうね」



私の前の勤務地であった阪急交通社の友人もやはりセブ島はどうかと難色を示しております。理由は、治安・衛生面等病気・大気汚染・ビーチが意外と綺麗でない等です。

しかし、セブ空港に行きますと相変わらず家族旅行やカップルの日本人をたくさん見ます。おそらく、旅行会社は「日本から一番近いリゾート地」「綺麗なビーチ」「格安。安い物価」等の言葉を使って斡旋しているのでしょう。

セブ島に行くお金があれば、グアムや沖縄の離島に行けます。ビーチの綺麗さは、グアムや沖縄の離島の方がずっと上だし、ホテルや観光の質もずっと魅力的だと思うのです。(そんなセブ島でもダイビングはわりと魅力的なようです)

いったい、何を理由にセブ島を選ぶのか不思議でしかたがない今日この頃です・・・

ランキングに参加しています。

↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ