セブ島生活がのべ6年以上になりますが、フィリピンは日本と比べて男女平等だなってよく感じます。

男女平等の1つの理由は フィリピンが双系制社会だったことが考えられます。双系制社会とは両親の資産を男女に関わり無く均等に相続する事で、日本のように男女の区別が相続においては関係ないのです。

もう1つの理由は、フィリピン女性の社会進出度が高いからなのでしょう。

歴代16人の大統領のうち、女性大統領は2名だし、会社等の重役ポストにも普通に女性がいます。



ちなみに 2018年の世界経済フォーラム(本部ジュネーブ)が出した男女平等度はフィリピンは世界8位で、日本の110位とはかなり差がありました。

だから、旦那よりかみさんの方が上の階級や高級取り、又は高学歴といったケースは普通にあるでしょうね。少しお金に余裕のある家では、家事をしないフィリピン人女性は多いのです。

また、決定権を握っているのは奥さんというケースが意外と多いのです。例えば、私はコンドミニアムを借りる時に、オーナーとやり取りをすることが多いのですが、多くの場合奥さんが決定権をもっていたのでした。

そんな仕事で大黒柱になれないフィリピン人旦那は家事をするのか? いいえ、怠け者のフィリピン人男性が家事をするはずはなく、ハウスキーパーにやらせるのです。 

フィリピンでは中流家庭でさえヤヤ(ベビーシッター)やメイドを雇っているケースが多く、男性に負けじと働いているのです。そんな環境の中、気の強いフィリピーナが増殖していくのは容易に想像できるでしょう。

加えて、フィリピン人男性のだらしなさがフィリピーナのたくましさを一層拍車をかけて行くといった図式になっていき、フィリピン人女性は強くなっていき、かつ結婚生活の中たくましく生きていくのです。

このような図式により、結婚生活においてフィリピン人女性は主導権を握っていくのです。



結婚生活や交際中に、多くのフィリピン人男性はフィリピーナ達の尻にしかれていきます。少しでも気に入らないことを男性がすれば、フィリピーナ達はすぐに実母に相談し、一緒になって旦那側を攻撃するのです。

しかし、中にはそんな気の強いフィリピン人女性に疲れ果てたフィリピン人男性も出てきております。

そんな気の強いフィリピン人女性にうんざりしたフィリピン人男性はどうするのでしょうか? 実は彼らは日本人女性を好む傾向があるのです。

多くの日本人女性のフィリピーナとは違って、文句も言わないし・従順です。罵倒されることもトラブルもありません。

そして、そんなフィリピン人男性の甘くて巧みな罠にはまってしまう日本人女性も実は多いのです。

フィリピン人男性には
・とにかくレディファーストで優しい
・とにかくスィート(甘い言葉やスキンシップが巧み)
・とにかくまめ

多くの日本人女性は、これら3項目の波状攻撃にあい(おそらく日本ではあわないでしょう)簡単に攻略されてしまうのです。

というわけで、年々フィリピン人男性と日本人女性とのカップルが増えていっている今日この頃なのです。

フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ