私は、以前の記事でフィリピン人の建設工の仕事ぶりを以下のように言及しました。http://www.livedoor.me/archives/5067310.html

日本人の日雇い工でさえ休んだり、適当な作業をしますが、フィリピン人に比べるとかわいいものでしょうね。

フィリピン人達は勝手に休んだり、休憩に入るとなかなか戻ってこなかったり、そのまま帰ったりと、計画通りにはいかないようです。

加えまして、資材を盗んで自分の家で使ったり横流ししたりすることも普通にあるようです。

また、仕上げについては、日本人建築関係者なら絶対納得できないレベルになる事が多々発生します。

といった能力の低い従業員が多いので、フィリピンでは給与もかなり悪く(1日の最低賃金は1,000円以下)、労働条件もひじょうに悪いので、フィリピン人の作業工はさらにやる気を失うのです。

建設工だけでなく、フィリピンの会社ではできの悪いフィリピン人が多いので様々なペナルティ制度があり、ブラック企業だらけなのです。



ちなみに、フィリピンの日系企業もブラック企業がたくさんございます。

先日、あるフィリピンの会社で働かれていた方の記事を読んだのですが、入社前に聞いていた契約内容と実際の労働条件が違ったという話が載っておりました。

具体的には、給与(会社の為替レートによって給与減)・仕事内容・インセンティブ(実際はないのに、入社前にはあるように言われた)・福利厚生(求人票に書いていた無料英会話レッスンやダイビングも無し)・労働ビザの支給無し(観光ビザで働かされた)等です。

ちなみに、この会社はある程度有名なネットショップで、楽天からは何回も賞を受賞しているようです。

こういった例はフィリピンの日系企業では良くある話で、そうした罠に陥らない為には、面接前や入社前に口コミサイトでの事前調査が必要なのです。

例えば、キャリコネというサイトは、無料登録をして使えるのですが、60万件以上の企業口コミがあり、実際働いていた社員が投稿していますので、信憑性が高く会社の内部事情を詳しく知る事ができるのです。

以下、実際に投稿されている例です。

「会社が所持している厚生施設を格安で使用できるのは良い。また、地方であれば1万円程度の負担で寮や借り上げのアパート(光熱費支給)に住むことができる」(管理関連職 30代前半 男性 年収720万円)

「以前に比べて、残業抑制を積極的に行うようになった(※)。繁忙期には、残業せざるを得ない状況になるが、積極的に外注事務所のアウトソーシングに出していて、さすがは大企業だと思った。休日も多く、有休も取りにくい雰囲気ではない」(CADオペレーター 30代後半 女性 年収400万円)

等、職場の雰囲気、仕事のやりがい、給与体制や具体的な年収、仕事場での人間関係、福利厚生、その他社員の不満などが克明に記載されているのです。

詳細はコチラ 60万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ 

ちなみに、大手企業では「トヨタ」「ソニー」「パナソニック」「ドコモ」「グーグル」「ソフトバンク」「ワタミ」「星野リゾート」「電通」などが掲載されており、中小企業もジャンルを問わずたくさんの会社の口コミが存在します。

加えまして、コンサルタントのサポート、スカウトメールを受け取れる、他社転職サイトへの同時登録や求人検索等転職エージェントの機能もございます。



フィリピンにある会社の口コミもありますので、以下少し紹介致します。

設計出身者が役員になっている。というのも設計に有名大学が集まるので、それは当然の結果と言えると思います。年功序列で昇進昇級となり人事考課も新人にはまともに機能していないようだ。

技術職が権限を持っていて、営業職の上司は王様のようなので若手は板挟みとなり年々離職率が高くなっているようです。

合併後は営利主義が進んでいるため増減益で給与も増減するような傾向。全て利益が重視で将来生活設計が厳しい。

フィリピンも日本も厳しい会社が多いと感じる今日この頃です。



フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ