1年前の今日、フィリピン・セブ島の病院で出産に立ち会いました。

私はセブの病院で勤務していた経験があるので、たくさんのドクターを知っております。だから、日本で病気をしても我慢をして病院には行かず、セブ島に戻ってから病院に行くほどセブ島では信頼できるドクターがいるのです。

そういったこともあり、子供の出産も迷わずセブ島の病院と即決致しました。ただ、知っているドクターがいない場合はセブ島での出産はあまり薦められないかもしれません。



薦めらない理由は、病院のシステムが日本とは違い(日本のように病院に勤務しているのではなく、独立しながら各病院と提携している為)、日本人の方はなかなか良いレベルのドクターと知り合いにはなれないのです。


私が親しくしている産婦人科のドクターは、Chong Hua Hospital (チョンワ病院)と提携しているので、Chong Hua Hospital (チョンワ病院)で出産を致しました。Chong Hua Hospital (チョンワ病院)は、以前ジャパニーズ・ヘルプデスクを立ち上げたことがあり勝手をしっているという安心感もありました。


出産ですが、予定日の少し前だったのですが夜中に陣痛が始まり、タクシーでChong Hua Hospital (チョンワ病院)に行き、新生児のエリアの2階に行きました。

病院内で手続きを済ませて、その後に2階にあがりますと、いきなり着替えをさせられて分娩室に通され出産の場面となっておりました。ただ、なかなか子供が出てこなくしばらく分娩室で見守り(何もできないので、家内に声をかけることしかできなかったです)、ついに出産となりました。

その後、母子ともに休憩をとり、そしてお部屋に入って母子とともに滞在するのです。お部屋の料金ですが(1泊)、個室の場合はレギュラーが3,000ペソ、ファミリールームが3,500ペソ、セミ・スイーツが4,000ペソ、スイーツが5,000ペソ、プレミアム・スイーツが13,000ペソとなっております(円への換算は約2.1倍)。


気をつけて頂きたいのは、フィリピンの私立の病院で個室で入院した場合は基本個室料金と同額のドクターフィーが発生します。また、今回は産婦人科と小児科の2人のドクターが発生することとなります。出産時のドクターフィーも加算されまして(かなり高いようです)、通常出産の場合はだいたい 60,000ペソ(個室のお部屋で)ぐらいなるようです。

日本とは違い前もって入院するのではなく、また出産後も翌日に退院するケースが多いようです。私の場合は、母子ともに衰弱していたので、様子を見るために翌日に帰ることはできなかったのでもう1泊致しました。



日本の場合は、出産前から前もって入院される方がいたり、出産後も翌日には退院できないようですね(日本は出産後5日~6日入院)。イギリスでも、キャサリン妃が出産した当日に退院したニュースがあったように翌日の退院が通常です。

このように、出産に対しても国ごとに違い、フィリピンと日本はやはり大違いなのでした。

本日、わが娘は無事一歳の誕生日を迎え、あらためて主治医(産婦人科)と病院関係者の人達に感謝しております。



フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ