私の周りに、早期退職をして海外移住を考えてらっしゃる方やもう退職をして準備をされている方が数名おりました(ほとんどの方は、マレーシアやセブ島を考えられてます)。

そんな方達の共通している意見は、「日本は活気がない」「日本は窮屈だ」「日本は年寄りばかりで暗い」等なのです。



確かに、フィリピン等東南アジア諸国は活気があり、子供や青年が多く、笑いがあふれてます。また、日本に戻って「日本人は物を買わないな・・」 っと感じ、思った以上に日本の景気が悪く、皆さんが先行きを不安に思う気持ちも共感しました。

実際、海外移住人気ランキングの上位に顔を出す、マレーシア、セブ島(フィリピン)、チェンマイ(タイ)等は活気に満ち溢れて、子供も多く明るさに満ちております。

また、この3カ国はビザ取得も比較的容易で生活費も安いので(年々物価は上昇して来てますが)移住が現実的に見えるのです。

しかし、日本にもいい面がたくさんあるので、私は「完全移住ではなく、半分海外で半分日本では如何ですか?(または、日本の冬の間だけフィリピンで過ごす等)」 「いつでも帰って来られるように、住民票は残されるのがいいですよ」 っとアドバイスさせて頂いております。



海外にもいい面がたくさんありますが、やはり日本にもいい面がたくさんあり、ほとんどの日本人には日本が一番住みやすいと僕は感じております 

しかし、中には海外移住の方がメリットや喜びがある方も多々いるでしょうね。そんな方は永住ビザがたやすく取得できるフィリピンは魅力にうつるでしょう。移住の前にはたくさん調べたり、トライアルを経てからしてください。



フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ