皆様ご存知のように、韓国人の大半はモラルが欠如しております。だから、韓国の空港を利用する時も不愉快な目に遭うことが多いのです。



新聞等の記事にありますが、厚生労働省の賃金課長だった武田康祐氏が韓国の金浦空港でトラブルを起こし、現地警察の取り調べを受けた問題が発生しております。

武田氏が「泥酔状態で搭乗しようとした。他の乗客の安全を考えて制止した組合員を無差別に暴行した」と指摘されております。また、「日本のキャリア官僚で労働の専門家が、隣国の労働者をバカにした行動を取っていいのか」とも言われております。

「到底許しがたい行為に深刻な遺憾を表明し、組合員に直接謝罪することはもちろん、賠償を要求する」ということで、「もし、我々の要求を早期に受け入れない場合、武田氏の公務員資格の剝奪をめざす行動に出る」と憤慨しております。

また、被害に遭った大韓航空の労働組合が22日付で、武田氏の謝罪と賠償を求める声明を発表しました。

ことの発端は、武田氏が搭乗する際に酔っていたので韓国人空港職員が、武田氏の搭乗順を遅らせようとし、武田氏が英語で「韓国は嫌いだ」と言ったことがきっかけのようです。

おそらく、韓国人職員が無礼な対応をしたのかと思いますが、武田氏もなぜ韓国に行ったのでしょうね。不愉快な目に遭うことがわかっていながら・・・



かくいう私も、2017年8月に韓国に行ったのです。セブに行く前に、家内が韓国のソウルに立ち寄りたいと言ったので、わざわざ家内のビザを取得してソウルに立ち寄ったのでした。

しかし、ソウルからセブに向かう際に仁川(インチョン)空港で問題が発生したのでした。

搭乗口に向かおうとした際、セキュリティで空港で購入したもの(香水、食料、免税店で購入した品物等)全て没収されそうになったのでした。

家内が切れて、「お前たちは信用できない」「没収したものを持って帰るのだろう。それだったら、今ここで全て捨てる」と言って、全て破ってゴミ箱に捨てたのでした。

私はその後、「韓国人はモラルがないから仕方ない」「あいつらは、没収したものが給料の一部だ」と言って去ろうとすると、韓国人空港職員がしつこく食い下がってきたので、「モラルのない人とは話さない」「動物とは話せない」と言って、振り切りました。

武田氏の問題で、「
隣国の労働者をバカにした行動を取ったり、暴れてもいいのか」と韓国人が言ってますが、バカにした行動をとられないようして頂きたいものです。

ただ、私の場合はこういった不愉快な目に遭うことは覚悟していたので、大して腹もたたかなかったのでした。

家内もこりたようで、韓国には二度と行きたくないようです・・・


フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓ ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ