フィリピン航空だけでなく他の航空会社でもありますが、数人の日本人がフィリピン出国時に搭乗拒否にあったケースがございます 理由は 乗客に感染症等の病気をもった疑いがある為でした

何百人もの搭乗者が数時間も密閉した中にいるので、当然と言えば当然ですね 搭乗者の中には妊婦さんがいるかもしれませんし、客室乗務員等に感染しても大変です

感染症の強い病気はたくさんありますが、結膜炎のような軽い病気でも搭乗拒否されるのです 結膜炎は簡単に接触感染するので、仕方ないですね・・・

何年も前ですが感染症にかかったにもかかわらず隠して飛行機に乗って帰国するといったケースもありましたが、その時は無事帰国できたのでしょうか?? 当然医者は猛反対したようでした

ちなみに私が以前働いていた病院では、病気が完全に直っていない時にどうしても帰国しなければならない時は、医者に「病気だけど飛行に耐えられます」と一筆書いてもらって患者さんに携えてもらっておりました。これがあれば、ほぼ間違えなく搭乗はできます。 

様々な人がいるので航空会社も大変でしょうね。

しかし、航空会社も我儘なことを言うこともあるのでどっちもどっちでしょうか・・・ ちなみに、体臭がきつすぎて搭乗拒否された方もいらっしゃいます

ps.海外旅行傷害保険が付帯しており、年会費が無料(初年度。次年度以降も「マイ・ペイすリボ」登録+年に1回以上クレジットカードご利用で無料)の人気の三井住友VISAのクラシックカードAはこちらからお申込みできます。

 
最大10,000円のキャッシュバックがついております(2019年3月29日まで)。
詳細記事はこちらです → http://www.livedoor.me/archives/4968474.html

フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ