日本人の方は、フィリピンでの病気でデング熱を恐れられます。私は、デング熱はある病気と比べれば全然大したことがないと思います。というのも、デング熱で死亡することはほとんどありませんが、その病気は発症後の致死率はほぼ100%なのです。

その病気とは、狂犬病なのです。この狂犬病はフィリピンでは身近な出来事なだけに、ひじょうに厄介なのです。

日本では狂犬病予防法の制定後、徹底した管理のもと、狂犬病は撲滅しております。しかし、ここフィリピンではそんの制度があるはずもなく、狂犬病をもった犬がそこらじゅうにいるのです。何もしらない日本人の方が犬に手を差し伸べて噛まれたケースも多々あるのです。

そうなると、病院に行ってすぐに傷口を洗い、消毒液で等消毒し、一刻も早く(発症前に)ワクチンを注射して、発症を防ぐ必要があるのです。

ちなみにインドが世界一の狂犬病国で、続いて中国、そしてフィリピンはNo.3なのであります (フィリピンは不名誉な事には上位に顔をだしますね) 

1,000万頭近くの犬のうち10%ほどの犬しか予防接種を受け
ていないので、当然といえば当然の結果です。そして、その為に毎年300人~600人が狂犬病で死亡している現状です(泣)

2006年には、日本人の方もフィリピンで犬にかまれ、帰国後に亡くなられました(かまれた後、ワクチンの摂取は受けていない模様)。

くれぐれも、ご注意ください。

ps.海外旅行傷害保険が付帯しており、年会費が無料(初年度。次年度以降も「マイ・ペイすリボ」登録+年に1回以上クレジットカードご利用で無料)の人気の三井住友VISAのクラシックカードAはこちらからお申込みできます。

 
最大10,000円のキャッシュバックがついております(2019年3月29日まで)。
詳細記事はこちらです → http://www.livedoor.me/archives/4968474.html

フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ