中央日報によりますと、英国ロンドンで韓国人留学生が英国人と推定される10人の青少年に暴行されたようです。

被害にあった韓国人は、ロンドンの中心街であるオックスフォード・サーカス街を歩いていたところ、10人程度の白人、黒人の若者たちからゴミを投げられ喧嘩に発展したようです。

韓国人もゴミを投げ返しはしたようですが、女性に押し倒され約10人に取り囲まれて殴られたようです。

その韓国人は警察に通報したり、駐英韓国大使館に助けを求めたが、助けられなかったようでした。その件で頭とあごを負傷し、また後遺症にも苦しめられていると訴えております。

被害にあった韓国人は「明白な人種差別の集団殴打が繁華街で起きたが、英国警察、韓国大使館、通行人など、誰も助けなかった」として「最低限の人権と安全も保障されることができない中で英国で何を勉強しているのか分からない」と愚痴をこぼしました。

実は韓国人は世界各国で暴行を受けているのです。オ-ストラリア・シドニーやアメリカでも数年前に暴行事件がありましたし、ソチ・オリンピック中にも地元民から韓国人は誹謗・中傷を受けておりました。



そんな世界各国で嫌われている韓国人ですが、世界一韓国嫌いの国はドイツ人なのです。http://www.livedoor.me/archives/4956095.html

前の記事にも紹介致しましたが、ドイツでは韓国人は歩いているだけでタバコを投げつけられ罵倒されるのです。わざわざ嫌われている国に留学や観光に行かなくてもいいのですが、韓国人はドイツに憧れてるので行ってしまう様なのです。

それにしてもなぜ韓国人は世界で忌み嫌われるのでしょうか?
・嘘を普通につく
・嘘ではなく間違った教育や洗脳をされているせいで、他国を差別する
・約束を守らない
・謙虚さがなく、自分が正しいとすぐ主張する
・すぐに怒る、騒ぐ、暴行する
・性犯罪が多い
・とにかく顔が嫌い
他国の人の感想は上記のようなことが多かったと感じてます。

当然フィリピン人も嫌っており(日本人女性同様に、一部韓流で騙されている女性もいますが)、ここセブ島でも何度かフィリピン人が韓国人を殴っているところを見ました。

初めて見たのは、ホテルでタクシー待ちをしている時に韓国人が横は入りをしてフィリピン人から注意を受け騒ぎになり、止めに来たセキュリティーガードに手を出したので、手を出した3人の韓国人が1人のセキュリティーガードに殴り倒されたのです(韓国人より20cmほどガードマンは小さかったのですが、元ボクサーなので簡単にKOしました)。

それ以来も、韓国人が問題を起こしてフィリピン人に殴られている姿を拝見しましたが、ヨーロッパで韓国人が暴行を受けるのとは違い、ここセブ島では韓国人が問題を起こし自業自得で殴られているのです。

しかし、ヨーロッパで韓国人が虐待・差別されるのは韓国人の今までの行い等が劣悪だったのが原因なので、こちらも自業自得ということですね。

世界で嫌われる韓国人に対し、世界各国は一斉に韓国人入国禁止にすれば解決できると思います。その為、フィリピンが率先して韓国人入国禁止法を施行しないのかなと期待してる今日この頃です。

ps.海外旅行傷害保険が付帯しており、年会費が無料(初年度。次年度以降も「マイ・ペイすリボ」登録+年に1回以上クレジットカードご利用で無料)の人気の三井住友VISAのクラシックカードAはこちらからお申込みできます。

 
最大10,000円のキャッシュバックがついております(2019年3月29日まで)。
詳細記事はこちらです → http://www.livedoor.me/archives/4968474.html

フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ