私は海外生活が長いことと、日本・海外ともに大企業での勤務経験があることから、たくさんの方から転職の相談をうけております。

また、今の時期はたくさんの方が転職を考えられていることだと思います(ボーナスをもらってから退職する)。

私の考え方は、日本だけに絞る必要がないことです。例えば、私はフィリピンやインドで働いた経験がありますが、日本に比べるていいところがかなりありました。

・日本に比べてストレスが少ない
・パワハラがない
・残業が少ない
・休みもとりやすい

フィリピンの場合は、サービス業で働く場合は顧客が日本人になるにで顧客に対してのストレスはあっても、同僚からのストレスは日本に比べると比較にならないほど少ないですね。

ただ、メーカーの方等は納期等でストレスになることが多々あるでしょう。のんびりしたフィリピン人がラインで働いているので、納期等の観念もないし、スケジュールより遅れていると気づいても、朝はぎりぎりにしか来ないし、仕事終わりも時間が来るとさっさと終えますから。

あと、パワハラと残業はほとんどないですね。パワハラなどやろうものなら、部下から殴られたり(何人かフィリピン人に殴られた日本人がいました)、下手をすれば裁判にされます。だから、パワハラ気質のある方はフィリピンでは働けません・・・

有給に関しては、フィリピン人はきちんと消化します。この辺は、見習うべきでしょうねw

そして、海外で仕事を探す場合でのアドバイスですが現地で探さずに、日本国内で転職エージェントを使って探せばいいでしょう。現地で探せばほぼ現地採用で、安い給料でこき使われ、福利厚生もローカル並です。

おそらく日本で転職エージェントを使って探せば、現地採用の倍ほどの給料は獲得できるかと思います。まあ、日本の企業とアジアの企業と二本立てで探せば様々な会社を転職エージェントのスタッフから提案されるかと思います(アジアの会社の場合は、面接はスカイプが多いですね)。

そこで、実際の行動ですがまずは転職エージェントを2社か3社登録して面談をすればいでしょうね。私はこれまでリクルート、ネオキャリア、エンジャパン(たまにマイナビ)の3社を登録していました。

担当者によっては、あう担当者・あわない担当者がいるので3社ほど登録するのが無難でしょう。また、会社ごとに非公開求人会社がありますので複数社登録するのが基本だと思います。

私の場合は、ネオキャリオ社の担当者がよくしてくださりました。ネオキャリア社はノルマがとてもきつく、大変なので、大半の方は熱心でとても勢いがあると感じました。また、担当者の方が一緒に面接を通過する方法を考えてくださるので面接等通過する率も高かったのでした。

本社は東京で日本全国に拠点があり、海外にも拠点があり特に東南アジアへの進出を進めているのがうれしいですね。大企業なのでほぼ全ての業界職種に強いようですが、特に強いのがIT業界と営業職のようです。
下記のウェブサイトから登録すると、キャリアアドバイザーから連絡が来て面談へと進めます。登録料は無料で、転職にかかる費用も0なので一度ご登録して、キャリアアドバイザーと会われるのもいい勉強になるかと思います。ネオキャリア社の社員はハードワークなので夜の面談も受けてくださった記憶があります。

登録・相談はこちらからどうぞ。
ネオキャリアに登録・相談してみる 

キャリアアドバイザーと面談することにより、志望している業界の動向がわかる、どういった人材を求めているかがわかるので上記に記載しましたが面接の通過率があがります。たとえ落ちても次から次へと紹介してもらえるので落ち込んでいる暇がない等のメリットがございます。
少しでも今の会社に不満があったり、ブラック企業にお勤めの方は、キャリアアドバイザーとお会いすることをお薦めします。他社を知ることによって、自社の良さがわかりモチベーションがあがる場合もございます。

人生は一回しかないので、後悔のないよう人生を送っていただければと感じます。

フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク