クレーマーはフィリピンでは肩身が狭くなります。今回はフィリピンでクレームをつけた時のフィリピン人からの対応を紹介致します。

あるレストランでよくピザのテイクアウトをするのですが、家で開けてみるとゴキブリの死骸が入っていたのです。以前も、髪の毛が混入されていたので苦情を言いに行きました。

ゴキブリを入れた店員はあまりシリアスにとらえていなかったので、かなりきつく叱りました(料金は返ってきません)。

後日、他の店員から聞いたのことは「お宅の満足できるサービスをする自信がないから、今後お宅には売らない」とオーナーが言っているということでした。

また、別の例ですが以前日本人があるホテルのレストランで食中毒になった時にホテルに苦情を言ったところ、ホテル側から「証拠はあるのか?ないのなら、名誉毀損で訴える」と言われたと聞いております。

また病院でも同じような対応がありました。ある患者さんが、質問や薬の注文が多かったのにドクターが怒って、「別の病院に行け。ここでは、診察は2度としない」と出入り禁止をくらったのです。

以上のように、フィリピンでクレーム等を言っても店側は改めようとはせず、「面倒な客だ、かかわるのはやめだ」とフィリピン人側が思い、出入り禁止をくらうのです。

日本では「お客様が神様です」が通用しますが、フィリピンでは「お願いしますから、売ってください」という姿勢をしなければ購入できないこともあるのです。

そんなフィリピンでうまく世渡りをするよう心がけている今日この頃です。

ps.海外旅行傷害保険が付帯しており、年会費が無料(初年度。次年度以降も「マイ・ペイすリボ」登録+年に1回以上クレジットカードご利用で無料)の人気の三井住友VISAのクラシックカードAはこちらからお申込みできます。
 
最大10,000円のキャッシュバックがついております(2019年3月29日まで)。
詳細記事はこちらです → http://www.livedoor.me/archives/4968474.html

フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ