日本に戻った時に、友人や以前勤めていた職場の仲間たちとお酒を飲んだ時に、フィリピンの職場は日本の職場とはかなり異なると感じました 

まず、日本の社会人の方は簡単に休めませんが、簡単に仕事を休むフィリピン人はとても多いのです 
そして、有給をきちんと消化するフィリピン人はとても多いですよ ちょっとした病気でもすぐに休むし、家族の誕生日等でも簡単に休むフィリピン人は多いと思いのです

加えて納期・期限等を守らない(守れない)フィリピン人が多く、メーカー等で彼等を管理している日本人は、日本とのハザマに挟まれて大変でしょう 

日本側は、コントロールできない現地日本人を攻めてくるので・・・ ちなみに、どんなに遅れていてもフィリピン人達はさっさと定時に帰ります。

加えて、我慢ができないのですぐに辞職・転職をします。転職エージェントがあれば、フィリピンではさぞ儲かるだろうなと感じております。

一方、日本人はサービス残業が多くなかなか帰られない日々を過ごしていますね。僕も、以前勤めていた職場の人達と飲みに行ったのは20時半頃からでした・・・ (それまでは残業です)

また 日本では担当者以外が休んだりしても困らないように、みんながその仕事ができるように共有する事が多いのですが、フィリピン人は自分の仕事を他人には教えたがらない傾向があります。おそらく、自分だけのものにしたいのでしょうね。または、自分が首を切られないようにプロテクトしてるのかな?とも思われます。

あと、フィリピン人は失敗等は隠す傾向があるので いつもチェックしなければいけません。逆に、自分の手柄や成功は、どんどんアピールするわかりやすい人間が多くて、笑かされる事が多いです

最後に、フィリピンで絶対にやってはいけない事を2点申し上げます

1.人前でフィリピン人を叱ってはいけない
フィリピンにはヒヤ文化があり、人前で恥をかかされるのを日本人の想像以上に嫌ってます これをして、部下のフィリピン人に殴られた日本人が何人もいます くれぐれも叱る時は、2人きりで叱りましょう

2.フィリピン人に対して侮辱した態度をとらない

貧困層とは違い、ある程度お金に余裕のあるフィリピン人はアメリカ人同様、すぐに訴訟を起こしたがる輩もいるのです 勝手のわからない日本人が訴訟されれば、ほとんどのケースは敗訴になり、面倒なのです

フィリピンはやはり日本とは全然違う世界なのです!

ps.海外旅行傷害保険が付帯しており、年会費が無料(初年度。次年度以降も「マイ・ペイすリボ」登録+年に1回以上クレジットカードご利用で無料)の人気の三井住友VISAのクラシックカードAはこちらからお申込みできます。

 
最大10,000円のキャッシュバックがついております(2019年3月29日まで)。
詳細記事はこちらです → http://www.livedoor.me/archives/4968474.html

フィリピン情報ランキングはこちらです

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク