先日夜食にと思いピーナッツを買ってみたが、塩辛くて食べられたものではなかった ピーナッツに限らず、フィリピンの食品は 塩分がとても多いし、また塩分だけでなく全ての味付けが濃いのであります。 

これは、自炊してコントローするしかないなと感じました
 塵も積もれば山となるという言葉がありますが、これが何年も続けば寿命は縮まるのは自明の理なのです 

たとえ、日本食レストランで外食をしたとしても、ほとんどのレストランの料理人はフィリピン人なので、大差はさほどないでしょう・・・


1年で365日、5年で1,825日、10年で3,650日(閏年は入れておりません)と、これが知らない間にどんどん効いてくる訳なのです

これは食生活だけではないのは言うまでもありません。例えば、毎日学校や家庭等で計画や責任、他人への気配りを叩き込まれた人間は、知らない間に無駄を排除する為計画的になり、また他人に対しての責任感を自覚しますよね、多くの日本人のように

一方、親が躾をせず、きちんとした教育をしないまま放置すればどうなるでしょうか? フィリピンに来れば、多くの回答例が見られますよ

しかし、多くのフィリピン人男性はいつも女性の事だけを考えているので女性に対しては日本人は及びませんね。「どう女性を口説くか」 「どう嘘をついて他の女性と遊びに行くか」 「どう、女性をエスコートしようか」 等、毎日考えているので、仕事等を中心に考えている日本人とはこの積み重ねの差は大きくなるのです。

だから、このままフィリピンに馴染んでいけば行くほど、“計画性がなくなり” “責任感がなくなり” “他人への気配りがなくなり” 等フィリピン化しないか、心配している今日この頃です。

ランキングに参加しています。

↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ