日本の警察がまたまた不正をしておりますね。なんでも、虚偽の交通違反で点数切符(白切符)を作成したとして、栃木県警は9日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いなどで、日光署地域課の男性巡査長(31歳)が書類送検されてます。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000518-san-soci

交通違反の事実がないのに、県内在住の高齢男性がシートベルト装着義務違反をしたとする虚偽の白切符を作成したようで、巡査長は同署で集計している活動実績を示すために「1点、点数切符を切りました」と嘘の報告をした後、虚偽の白切符を作成したとのことです。

フィリピンの警察は、12月になると違反切符をきりまくります。クリスマスプレゼントを買うために運転手から金を巻き上げるためです(負けてやるから今払えと言うそうです)。

日本もフィリピンも警察はこんなものです。ただ、フィリピンの警察は日本の警察と違って悪い物は悪いとして扱います。日本の警察のように、犯罪者の家族の人権を優先したりはしないです。ひじょうに、わかりやすいです。

話は少し変わりますが、以前 犯罪学に詳しい方にある質問をしたのです。質問内容は、「日本で毎日殺人や凶悪事件のニュースを聞くが、本当に実際の殺人事件は少ないものでしょうか?」 でした。というのも、私はフィリピンの田舎などより、東京や大阪の方がずっと犯罪がおきていると感じたからです。

すると、「実は日本では変死体が年間約15万体あがっている。日本は変死体の解剖率が著しく低いのでわからない。また、行方不明者もかなり多いし、自殺で処理されているが実は他殺というのものが多いでしょう。なぜこうなるかは、警察が変死・自殺で処理し検挙率をさげない努力をしているのです。それに、そうした方が仕事が減るからです。」 と教えていただき、あわてて家に帰ってネッテで調べると聞いたこととほとんどが一致しており、日本の警察は隠すのがうまいなと感心したものです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12156407582?__ysp=5pel5pys5q665Lq65Lu25pWwIOS4jeaMr%2BatuyAyMDE35bm0

https://www.kyudan.com/opinion/kansatsui.htm

ちなみに変死体の解剖率ですが、さっくり北欧が35%以上、アメリカ12%で日本はたったの4%でした。

よく、フィリピンは実際の殺人事件よりもっと多いといわれますが、実は日本こそ多いのだとその瞬間から悟りました。また、日本の警察は本当に不祥事やパワハラが多く大丈夫かな?と思います。

最近、日本では変な事件やアブノーマルなことが多いですね。金沢市役所に刃物を持った男が来たり、横浜市中区役所にも刃物を持った男が暴れたようです。かと思えば、渋谷のハチ公前で女子高生が不特定多数におっぱいを触らせてそれをyoutubeにアップするつもりだったようですが、逮捕されました。法政大学生が交際相手を殴って逮捕されたり、車の対人事故も多発してます。

フィリピンもそうですが、日本も事件だらけです。私は、フィリピンの警察が犯人(窃盗犯と強盗犯)を捕まえるところを数回見たし、また暴れる韓国人をあっという間にやっつけて連れ去って行った場面も見たので、日本の警官よりはずっと頼もしく感じております。

今改ざん事件も注目を集めておりますが、うまく隠してトカゲの尻尾きりで終わるような予感がします。日本とフィリピンとの違いは、隠すのが上手か下手かということだと悟りつつある今日この頃です。

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ