セブでは、日本食レストランやラーメン屋が増えたのですが なんとラーメンが400ペソもするレストランがあるのです。

日本でも、ラーメンに800円以上かけたくないと思うのに、物価が安いセブで400ペソはちょっと簡便してほしいですね。

日本食レストランといっても、調理をするのはフィリピン人だし、食材の管理もフィリピン人のお店が多いと思います。基本的に、レストランで働くフィリピン人は大学を出ていないものが多く、レベルが低い人が多い気がします。

微妙な味付け、麺の固さ、具の盛り付け等うまくできるとは思えません。一度食べてみましたが、「もう2度と行くか」 と思いました。これなら、ロビンソンのフードコートのほうがまし(ちなみに50ペソほどだったような)。

あと、こないだセブのゴールドジム(Jセンターモール)に行ってきたのですがここも2度と行きません。1日の料金は、900ペソと高いのにwifiもサウナも故障で、ボクシングをするのはなんと別料金(450ペソ)。

ゴールドジムなので、やたらとウェイトの器具はありましたが、トレーナーも少ないし、レッスンも全然充実していない。プールもなし。


よく行くホリディージムなら1日300ペソで、プール、wifi、サウナと全てあるし、ボクシングもできます。ちなみに、以前ホリディージムにいたボクシングのトレーナーは元世界ランキング1位のエリベルト・ゲホン(後に長谷川穂積選手のトレーナーとなり、長谷川選手を3度目の世界チャンピオンに返り咲かせた)がいました。300ペソというスポーツジムに、そんなトレーナーがいたので(おそらく、日本人ではゲホン以上のトレーナーはいないでしょう)、本当に驚いたものでした。といった感じで、どれをとってもホリディージムの方が上なのに、料金だけはゴールドジムが3倍もするのです

だから、上記のお店には2度と行かないです。おそらく、ほとんどの日本人もそう思っているでしょう。だから、ラーメン屋もゴールドジムにも日本人はいませんでした。フィリピン人ばかりでしたね。おそらく、ターゲットは富裕層・中級以上のフィリピン人なのでしょう。最近フィリピン人は急に中級以上が増えてきましたので・・・

ランキングに参加しています。
↓↓↓       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 人気ブログランキングへ

お得な情報!