Hiroの海外生活 セブ島日記

旅行会社で13年働いた後、ニューヨークやセブ島で英語を学び、 セブ島で約5年悪戦苦闘し、予測不能なフィリピン文化に振り回され、 日本に逃げ帰ったのですが、セブ島が恋しくなり戻ってきてしまいました・・・

September 2014

フィリピンの紙幣には、P50(約120円)とP100(約240円)があり、この紙幣でたくさんの物が購入できるのです例えば、乗り物のジプニー(乗合バス)はP8(約20円)だし、タクシーの初乗りはP40(約100円)だしマニラの高架鉄道もP10(約24円)~だったと記憶してます 瓶のコ …

↑このページのトップヘ